7 27 2012

武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ 公開講座「トップデザインセミナー」

Category: Design

武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ 公開講座「トップデザインセミナー」にて、「これからの日本のデザイン」をテーマに講演を行いました。

1800年から2012年の年表を元に、デザインとそれをとりまく世界の状況、環境の変化を追いました。
特に2011年3月11日の東日本大震災は、デザインを取り巻く環境について考える大きなきっかけとなりました。
震災時にデザイナーが起こした活動や作品、そして原発の問題について、また『The Whole Earth Catalog』(S.ブランド著、1968年)、『成長の限界』(D.H.メドウズほか著、1972年)を取り上げ、兆しのデザインについて講演をしました。


120727_01.jpg


講演の後半では、私の作品『土の記憶』(2002年)を紹介し、またJAGDAでの国際的な活動の紹介と2012年7月に日本のデザイナーとして香港で行った講演会での内容を再演しました。


120727_02.jpg


公開講座「トップデザインセミナー」 第3回
日時:2012年7月27日(金)
場所:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
   武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
主催:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
運営:武蔵野美術大学 企画部 研究支援センター
http://d-lounge.jp/2012/07/56